一般社団法人日本ディスプレイ業団体連合会

ディスプレイとは? 連合会概要 出版物 会員・構成員名簿 ディスプレイ産業賞 リンク集


ディスプレイ業について
  ディスプレイ業は、総合的な情報サービスの一環として、快適な空間・環境を創造する総合ビジネスです。 単にモノの陳列や展示の造作物をつくるにとどまらず、人と人とが交流する空間づくり、コミュニケーション活動の全般にわたってその機能を発揮します。 各種展示施設、商業施設、文化施設、イベントなど、対象とする空間は広範囲にわたり、生活の全てに深くかかわっていると言っても過言ではありません。 さまざまな情報伝達・体験を通じて、生活・文化を豊かにし、私たちの暮らしを快適にデザインし演出していくことが、ディスプレイ業のもつ重要な役割であると考えます。 換言すれば、ディスプレイは「場」を媒体として「情報性」をプログラミングし、コミュニケーションをデザインし、人を集め、空間を活性化させる業務です。 私たちの活動領域は、街や都市の至るところに拡がっています。

  なお日本標準産業分類では、ディスプレイ業を次のとおり説明しています。
日本標準産業分類・分類番号9291・ディスプレイ業
主として販売促進、教育啓もう、情報伝達等の機能を発揮させることを目的として、
店舗、博覧会々場、催事などの展示等に係る調査、企画、設計、展示、構成、製作、
施工監理を一貫して請負い、これら施設の内装、外装、展示装置、機械設備(音響、
映像等)などを総合的に構成演出する業務を行う事業所をいう。



このページの先頭へ


コピーライト