一般社団法人日本ディスプレイ業団体連合会

ディスプレイとは? 連合会概要 出版物 会員・構成員名簿 ディスプレイ産業賞 リンク集


審査経過
入賞作品
ディスプレイ産業大賞 ディスプレイ産業特別賞 ディスプレイ産業優秀賞
ディスプレイ産業奨励賞 入 選 地域振興賞
【第37回ディスプレイ産業賞(2018)審査経過】
【審査概要】
当連合会ディスプレイ産業賞におきましては、
@社会性 A新しい技術 B話題性 C経済効果 D景観 E地方において活躍している企業をクローズアップという以上6点の審査項目に於いて、応募社の名前を伏せた状態で、コンセプトと写真ボードのみにて、厳正なる2回の審査が行われました。
又、作品応募部門も従来の4部門から、本年度は内容を精査し、新たに5部門@文化、公共施設部門A余暇・観光施設部門B商業・複合施設部門C博覧会・展示・イベント演出部門Dプロモーション・演出部門へと変更致しました。

【審査項目】
@社会性
  地域貢献、省エネ、ユニバーサル、少子高齢化、沈滞商業活性、雇用創出など、地域社会の
  課題解決を目的としたプロジェクト。
  環境配慮や社会生活に寄与する、継続的活動や持続可能なプロジェクト。
A新しい技術
  新しい技術が使われていること。
  新産業や地域活性に寄与する、斬新なアイデアや優れたクリエイティヴィティー革新的な表現
  技術やコミュニケーションシステムの登用。
B話題性
  産業・社会・文化の発展に先導的な役割を果たし、波及効果が大きく期待できる活動やプロ
  ジェクト。
C経済効果
  経済効果に貢献していること。集客力、国内外への情報発信力など。
D景観
  景観を重視していること。良質な街並み形成や都市景観、また周辺環境との調和や上質化に
  顕著なプロジェクト。
E地方において活躍している企業をクローズアップ
  時代をリードする仕掛けや提案がある。地域活性/市場の拡大に効果が顕著なプロジェクト。

【作品応募部門】
1 文化・公共施設部門
  博物館、美術館、科学館、資料館、ホール、学校、公共施設、公園
2 余暇・観光施設部門
  ホテル、旅館、リゾート施設、ステーション(駅・空港)空間、交通・観光情報、遊園地、テーマ
  パーク、ブライダル施設等など
3 商業・複合施設部門
  物販店、専門店、飲食店、百貨店、量販店、ショッピングセンター、ショールーム、チェーン店、
  医療施設、福祉施設、オフィス環境、環境サインなど
4 博覧会・展示・イベント・演出部門
  博覧会、展示会、見本市、コンベンション・エキジビジョンなど
5 プロモーション・演出部門
  スポーツ・音楽・演劇・興行など.ショーウィンドウ、インストアディスプレイ、フロアディスプレイ、
  広告ディスプレイ、サイネージ・イルミネーション、インスタレーション、モニュメント、オブジェ、
  グリーンディスプレイ、ストリートディスプレイ、パレード、広告POPプロジェクションマッピング、
  グラフィックディスプレイなど

【予備審査】
2018年8月21日  全国町村会館(永田町:東京)
応募総数150点より、当連合会の副会長、並びにディスプレイ振興委員各審査員が各部門より数点ずつ選出し、全審査員の集計・審議により、上位57点が本審査へ選定されました。
【内訳】
@ 文化、公共施設部門   9点 (22点中)
A 余暇・観光施設部門   7点 (12点中)
B 商業・複合施設部門   25点 (62点中)
C 博覧会・展示・イベント演出部門  11点 (36点中)
D プロモーション・演出部門 5点(18点)
  合計 150点中57点

【本審査】
2018年9月7日  全国町村会館(永田町:東京)
審査会場に予備審査通過作品を部門ごとに並べ、審査委員による記名投票を行い、集計した後、集計結果を見ながら審査員の皆様が選定意見を述べ、審議をして頂きました。
6つの選定基準「社会性」「新技術」「話題性」「経済効果」「景観」[地域活性化]を考慮しながら、審査委員長を中心に調整を重ねた結果、
「ディスプレイ産業大賞(経済産業大臣賞)」 1点
「ディスプレイ産業特別賞(日本経済新聞社賞)」 1点
「ディスプレイ産業優秀賞(経済産業省商務・サービスグループ審議官賞)」
各部門より1点ずつ計5点
「ディスプレイ産業奨励賞(日本ディスプレイ業団体連合会賞)」 13点
入選37点が決定致しました。

【審査員】

査委員長
橋爪 紳也 (大阪府立大学研究推進機構特別教授)

審査員
三牧 純一郎 (経済産業省 商務・サービスグループクールジャパン政策課課長)



小松 潔 (日本経済新聞社 常務執行役員文化事業担当)



吹田 良平 (都市開発プランナー (株)アーキネティクス代表取締役)



柘植 喜治 (国立大学法人千葉大学大学院教授)



野老 朝雄 (アーティスト/TOKOLOCOM主宰)



彦坂 裕 (建築家・環境デザイナー (株)スペースインキュベータ代表取締役)



森田 りえ子 (日本画家/京都市立芸術大学客員教授)



湯澤 幸子 (多摩美術大学准教授/公益社団法人商業施設技術団体連合会会長)



涌井 史郎 (造園家/東京都市大学特別教授/岐阜県立森林文化アカデミー学長)
(敬称略)        
【 審 査 風 景 】

審査風景1

審査風景2

審査風景3


このページの先頭へ


コピーライト